本場​京都で「半世紀以上」

愛され続けるには

​「訳がある」

日本が誇る世界有数の観光地である京都
 数多くの歴史的・伝統的建物が立ち並ぶ京都では、お祝い事などの特別なハレの日などに欠かせないものがある

「鯖寿司」

古くから愛好家達も多くいる伝統的な寿司です

その歴史、味や技術の複雑性から求められる理想的な造り手は

寿司の世界と日本料理の両方に精通する経験豊富な職人だと

愛好家達からの白羽の矢が立ったのが大将 筑丸勝である

​こちらの鯖寿司は

そんな鯖寿司の魅力に引かれあった

鮨愛好家達と日ノ出茶屋の想いを乗せた逸品です

​厳選された​素材に「聴く」​

IMG_4270

脂のたっぷり乗った九州の     「寒鯖」

IMG_4264

うまみ成分たっぷりの北海道利尻産の「白板昆布」

IMG_4295

高知県産の生姜を手刻みして漬け込んだ「自家製のガリ」

IMG_4283

特Aランクの「近江米こしひかり」

IMG_4364

25年間毎日磨き続けた 「技」

IMG_4454

伝統と技を繋ぐ「想い」

​専用ページ

鯖寿司
焼き鯖寿司